頑固な汚れの正体 | 煩わしいトイレ掃除を簡単にする!日々のお手入れにポイントが

毎日のトイレ掃除を簡単にするヒント集

トイレ掃除をどうしようか

トイレの汚れのもと

トイレの汚れといえば、すぐにわかるのが、ほこり。
これはトイレに限らず家の中のあちこちで見られるものです。
ちりやほこりも積もれば山となってしまいます。
水の中に落ちると黒ずみの原因にもなります。

そして便器につく黄ばみと黒ずみですよね。
黄ばみの原因は、尿石です。尿にはカルシウムやアンモニアが含まれています。
尿が飛び散ったりして放置されるとその成分が固まってしまい、石のようになります。
尿石は落としにくいですし、においの元でもあります。

黒ずみの原因は、黒カビです。
トイレの黄ばみの上などに黒カビが発生し、黒ずんで汚く見えてしまうのです。
また、水垢やほこりなどと一緒になって、こすっても落ちづらくなってしまいます。
便の残りがついていて、固まってしまった場合も黒ずんで見えます。

汚れやすい場所

床は汚れやすく、すぐに汚れが見える場所です。
床の隅はほこりがたまりやすいですね。
さらに、見えづらいですが床には尿が飛び散っています。
座ってトイレをすれば飛び散ることはないのですが、男性が立って用を足すと意外に飛び散っているものです。
飛び散った先には壁も含まれます。

便座のふたもほこりがたまりやすいところです。
ふたを閉める習慣がある人とない人がいますが、開けっ放しだと特に見えないところがでてきて、ほこりまみれになりかねません。

便器に関しては、ふちの裏が見えにくいところですので、そこそこ掃除をする人でも見逃しがちな汚れがあります。
ふちの裏は尿の汚れがつきやすい場所です。
尿石になってこびりつくと掃除しにくいのもあって大変です。


この記事をシェアする